入谷あさがお祭り 浅草寺ほおずき市 7/6~7/10

東京下町の夏の風物詩として全国的にも名高い、「入谷の朝顔まつり」と「浅草寺のほおずき市」。

例年、7月6日~8日に「入谷の朝顔まつり」が、続く7月9日~10日に「浅草寺のほおずき市」が開催され

国内外問わずたくさんの観光客で賑わいます。今回は時代を超えて愛される、情緒あふれる江戸の花を

名に冠した二大行事をご紹介します。

 

入谷朝顔まつり 2018年7月6日~8日

日の出と共に開花する朝顔の習性に合わせ、入谷の朝顔まつりは朝5時から始まります。終了時間は23時です。混雑が予想されるため、朝顔をじっくりと選んで購入したい方は早い時間に行くことをおすすめします。また、歩行者天国が始まる11時以降に訪れても良いでしょう。しかし、朝顔が一斉に咲きそろう朝の光景は一見の価値があります。

 

 

浅草寺ほおずき市 2018年7月9日~10日

東京都内最古の寺として知られる浅草寺(せんそうじ)で開催される「浅草寺ほおずき市」は

観音信仰と深い関係があります。浅草寺では、古来より毎月18日を「仏様と特別なご縁のある日」として

「縁日」と定めていましたが、室町時代以降に「功徳日(欲日)」が縁日に加えられました。開催時間は

8時から21時です。10日はほおずきの売り切れと同時に店が閉まるため、10日にほおずきの購入を

考えている場合は早めに出向くことをおすすめします。

 

 

 

 

■開催場所:東京都 入谷鬼子母神周辺

電車でのアクセス  JR西日暮里駅⇒山手線上野方面行き 入谷駅下車⇒徒歩で真源寺(17分)

 

■開催場所:東京都 浅草寺

電車でのアクセス  JR西日暮里駅⇒上野駅、地下鉄銀座線へ乗り換え⇒浅草(17分)

バスでのアクセス  ホテルから徒歩2分の都営バス【草63】西日暮里5丁目バス停⇒浅草寿町(25分)

 

 

 

2018年05月08日