六義園の紅葉ライトアップ11月25日(土)〜12月5日(火)

 

桜や紅葉の名所でも知られる回遊式築山泉水庭園


六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。

元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられ た駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し

平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。
六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。
庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という

分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来します。

 

秋から冬にかけては紅葉のライトアップも行われます(11月下旬~12月上旬)

 

六義園の吹上茶屋では池を眺めながら、ゆっくりと抹茶(抹茶と上生菓子のセット510円)

楽しむことが出来ます。特に季節の花をかたどった上生菓子はお客様にご好評いただいております。
その他に六義園オリジナルのお土産も各種販売しておりますので、園内散策の後は吹上茶屋でおくつろぎください

 

■当館からのアクセス ホテルマック西日暮里⇒JR西日暮里駅⇒JR駒込駅下車 徒歩7分(染井門側)

 

2017年10月26日