日本橋恵比寿講べったら市 10月19日(金)

毎年10月19日、20日に開催され、地元民から観光客まで楽しみにしている人も多い「べったら市」の時期がいよいよ到来!

大根を甘く浅漬けにしたべったら漬けを売る露店が、宝田恵比寿神社を中心に、旧大伝馬町一帯(日本橋本町三丁目、大伝馬町)また堀留町にかけてに並ぶ「日本橋恵比寿講べったら市」。江戸時代の中期、宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講(商家で恵比須をまつり、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、前日の19日に市が立ち、魚や野菜、神棚などが売られるようになったのが起源だという。露店は400~500軒が連なり、仕事帰りの会社員や遠路訪れる観光客で、大伝馬町は遅くまでにぎわいを見せます。


 



【例年の人出】約10万人

【屋台・露店数】約500店

 

■開催場所:宝田恵比寿神社


電車でのアクセス  JR西日暮里駅⇒山手線上野方面行き⇒神田駅下車⇒宝田恵比寿神社まで徒歩11分

 

 

 

 

2018年10月10日