国立科学博物館 『恐竜博2019』7月13日(土)~

恐竜ルネッサンス―恐竜研究50年の変遷を重要標本で振り返る!

 

■ホテルマック西日暮里1Fフロントにて割引券を差し上げております(※先着20枚、無くなり次第終了)

 

アメリカで発見された肉食恐竜が、「恐ろしいツメ」を意味するデイノ二クスと命名されたのが1969年。

そこから恐竜研究の新しい時代が始まりました。 本展では1969年以降50年の恐竜学の歩みと現在、そして

近未来を展望します。 世界初公開・日本初公開の貴重な実物化石や全身復元骨格を一堂に紹介!抱卵や子育て

色、性別、絶滅の謎など、ここ50年で塗り替えられてきた恐竜研究の「新常識」とは!?最新研究による

数々の新発見にも迫ります。

 



■開催場所:国立科学博物館(上野公園内 動物園となり)


■電車でのアクセス  JR西日暮里駅⇒山手線上野方面行き⇒上野駅下車(徒歩5分)

 

 

2019年07月09日